コンサルティング

予測モデルの構築と導入

企業が何等かの施策を導入する際には、導入費用に対する効果の検証が必要です。コグニアでは、その施策の導入により、ビジネスのどのKPIにどの程度の改善量が期待できるのかを、統計モデルに基づき事前に設計します。

設計されたモデルにより、導入時に期待したKPIの改善量が実際に実現できているのかを定期的にモニタリングし、投資効率全体を引き上げるご支援を致します。

BIシステム導入

ビックデータに代表される企業内外のデータは、確かに企業に有用な知見をもたらす可能性を持つ宝の山であると言えます。しかしながら、情報量が増加し、かつその情報の収集難易度が下がることで、企業がデータに溺れてしまう、いわゆる過呼吸の状態に陥るケースが見受けられます。

情報の収集や連携自体が巨大な業務になってしまい、ちょっとした情報の不整合やメンテナンスに忙殺されるのは、本来のビックデータ活用の姿とは遠いものがあります。

コグニアでは、企業のビジネス活動のトレンドの可視化と予測に必要な情報のみを統合対象の情報資産とみなすことで、効率的な情報収集のインフラ整備を実現します。

プロジェクトマネジメント

企業を取り巻くシステム環境が多様化する中、全てを自前で調達することは現実的ではありません。企業はおのずと多数の外部ベンダーに業務を発注せざるを得ない、マルチベンダーアウトソーシングの環境に陥っています。

その様な環境では、発注したからといって満足度の高いシステムや作業が納品される訳ではありません。品質に相関があるのは支出額ではなく、管理に掛けた手間という分析もあります。

コグニアではマルチベーダ―環境におけるベンダーのハンドリングを代行することで、高い水準のマルチベンダーアウトソーシングの管理を行うことが可能です。